中国のアンティーク家具モダンインテリアともマッチ

中国のアンティーク家具というと大体明朝から清朝のものが主流です。

そのころのアンティーク家具は熟練した職人によってふたたび使えるように修理してあり、

その保存状態も良く美しいのが特徴です。

宋時代までに明朝時代の家具の原型が成立しました。

その後明朝後期から清朝中期の黄金時代が訪れたことにより、

それぞれの家具が完成されていきました。

そのひとつ明朝家具は、シンプルで調和のとれたラインでかつ均整のとれたスタイルで自然の木目を生かし、

格子細工や透かし彫刻といった高度な木工技術を駆使した古典スタイルです。

もうひとつの清朝家具は、明朝家具を受け継ぎつつも贅沢感を出すために全体に大きめに作られており、

木材の種類も豊富に使いいろいろなテクニックを駆使しています。

また中国のアンティーク家具の中で特にその椅子は特にその美しさで人気があります。

デザインはシンプルですがどことなく優雅さを感じさせ、特にその曲線の美しさに目を見張りますし、

エッジの効いたディテールや洗練されたデザインの中にも造りの確かさを感じさせてくれます。

中国のアンティーク家具は現代のモダンインテリアとも十分マッチします。

古き良き時代の良き家具との共存といった心地よい空間を与えてくれるものです。

コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ