中国のアンティーク家具の特徴

中国のアンティークといえば四神や龍などが良く描かれており、色使いもとても鮮やかなので一目見れば、中国製アンティークと見分ける事が出来ます。

現在中国から日本に輸入されているアンティークは清朝後期から民国初期の物が多いとされ、色々な材料を使っているので価値はそれぞれ分かれますが、芸術的に素晴らしいものばかりです。

アンティークといえばつぼや皿、家具など色々ありますが、中国の家具には明朝家具と清朝家具の二つに分けられます。

現在日本に輸入されているアンティークの多くは清朝家具であり、清朝家具の特徴として贅沢さを表したかのようにサイズが大きくなっていたり、様々な木材を使い、華やかな装飾が施されているので、見ていてその精巧さにはうっとりするくらいです。

中国と日本は古くから交流があり、お互いの良い所を芸術面にも反映させてきました。

その後、西洋との交流によりアンティークも和洋混合の物が増え、新しい形へと変化し、今の美術品があります。

中国のアンティークは日本のシンプルさに原色の色を加えた物もあり、目の保養になりますし、置いているだけで高級感があるので、皿やつぼなどを購入して部屋に置くのも良いかと思います。

コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ