中国アンティーク家具の魅力 木の温もり

中国は4000年を超える歴史を持っており、古くより美術品が愛好されていました。

 歴史を持つ中国の美術品は、単に美しいという以外にもいろいろな意味を持っています。

 中でも高い人気を誇っているのがアンティーク家具です。

 中国では、特に木の温もりを大事にした家具が愛用されてきました。

 木の家具の特徴は、使い込むごとに味わいが生まれるという点にあります。

 木材に華麗な装飾を施した家具は、時が経過するごとに深みが増していき、異なった印象を与えることになります。

 中国美術の装飾は、一つ一つ意味が込められているのも特徴です。犬の模様は安産を意味しており、ザクロの実は多産を意味しています。一見するとシンプルに見える場合であっても強い願いが込められているのが、歴史と伝統を感じさせています。

 生活用品でありながら美術品としての値打があるのは、時代を超えて共通するような人間の願いが込められているからです。だからこそ時を超えても色あせない魅力を持ち続けていると考えられます。

コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ