中国のアンティーク薬棚

中国のアンティーク家具の中でも、中国独特のものといえば、薬棚があります。

薬棚は、ちいさな引き出しがたくさんあるチェストです。

壁一面を覆うような大きなものから、引き出しが10個くらいのコンパクトなものまでサイズは様々です。

中国で薬を買う

病院や薬局で、それぞれの引き出しに漢方薬を入れ、引き出しから取り出して調合するという使い方をしていました。

実際病院や薬局で使われていた薬棚には、引き出しに漢方薬の種類や数字が記されているものも多いです。

日本でも漢方薬を扱う薬局には、中国のアンティーク薬棚を使っているところがあります。

アンティーク薬棚がディスプレイされた店内のイメージは、本格的な漢方専門薬局という感じです。

また、中国茶専門店にも、収納とディスプレイを兼ねて、中国のアンティーク薬棚が使われている例があります。

こちらも、アンティーク薬棚が、中国風のインテリアをより本格的に演出しています。

小物の収納、種類別収納にとても便利な薬棚は、個人宅のインテリアにも人気です。

コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ