中国でのうつのマイナス思考を断ち切るには

中国で考えられてる、うつ病においてそれを克服するに至り、最大の難関となるのがマイナス思考です。

言い換えれば、自分で作り出す妄想により、更にうつ病が進行していくのです。

マイナス思考の何が悪いのかといいますと、マイナス思考は脳内神経伝達物質の働きを衰えさせ、更にホルモンの分泌を低下させ、又、胃腸における栄養の吸収能力も低下させます。

このように、マイナス思考はうつ病改善い当たってマイナス要因しか考えられないのです。

改善法としては、今目の前にある事に集中するということを常に心がけるようにします。仕事をしている時は仕事に集中し、遊んでいる時や話をしている時はそのことに集中します。

しかし、人によってはそんなことは無理という方がいますが、それは急には出来ないだけなのです。何度も何度も繰り返し意識することによって、段々と目の前の事だけに集中出来るように変わって行くことが出来るのです。

何度もいいますが、マイナスの妄想はうつ病を悪化させます。妄想を断ち切ることは訓練次第で出来るようになります。是非参考として下さいませ。

あとは運動ですかね。中国では、太極拳とか公園でやっているのをよくテレビで見かけますが、あれはいいそうです。気とかなんでしょうかね?

コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ