中国でのうつのマイナス思考を断ち切るには

中国で考えられてる、うつ病においてそれを克服するに至り、最大の難関となるのがマイナス思考です。

言い換えれば、自分で作り出す妄想により、更にうつ病が進行していくのです。

マイナス思考の何が悪いのかといいますと、マイナス思考は脳内神経伝達物質の働きを衰えさせ、更にホルモンの分泌を低下させ、又、胃腸における栄養の吸収能力も低下させます。

このように、マイナス思考はうつ病改善い当たってマイナス要因しか考えられないのです。

改善法としては、今目の前にある事に集中するということを常に心がけるようにします。仕事をしている時は仕事に集中し、遊んでいる時や話をしている時はそのことに集中します。

しかし、人によってはそんなことは無理という方がいますが、それは急には出来ないだけなのです。何度も何度も繰り返し意識することによって、段々と目の前の事だけに集中出来るように変わって行くことが出来るのです。

何度もいいますが、マイナスの妄想はうつ病を悪化させます。妄想を断ち切ることは訓練次第で出来るようになります。是非参考として下さいませ。

あとは運動ですかね。中国では、太極拳とか公園でやっているのをよくテレビで見かけますが、あれはいいそうです。気とかなんでしょうかね?

中国のアンティーク陶器が人気

中国のアンティーク陶器の人気が急上昇しています。

今年3月、アメリカニューヨークのガレージセールで3ドルで手に入れた中国のアンティーク陶器が、サザビーズオークションで220万ドル、日本円にして2億円超の価格で落札されたという驚きのニュースがありました。

そのアンティーク陶器は、小ぶりな白磁のごくシンプルなものでしたが、ほぼ同じ時代に作られた同じ形の同じ装飾のものが大英博物館にも所蔵されていることがわかりました。

所有者は、6年間、マントルピースとして普段使いしていたそうです。

4月には、香港で行われたサザビーズオークションで、鮮やかな色彩の中国のアンティーク陶器が、9億円超の価格で落札されました。

こちらも片手に乗るような小ぶりなサイズです。

鮮やかな赤に、繊細な筆遣いで色彩豊かに蓮の花が描かれています。

中国のアンティーク陶器は、中国本土はもとより、世界各国で収集家が増えているため、需要が高まり、高値で取引されています。

中国アンティーク家具の魅力 木の温もり

中国は4000年を超える歴史を持っており、古くより美術品が愛好されていました。

 歴史を持つ中国の美術品は、単に美しいという以外にもいろいろな意味を持っています。

 中でも高い人気を誇っているのがアンティーク家具です。

 中国では、特に木の温もりを大事にした家具が愛用されてきました。

 木の家具の特徴は、使い込むごとに味わいが生まれるという点にあります。

 木材に華麗な装飾を施した家具は、時が経過するごとに深みが増していき、異なった印象を与えることになります。

 中国美術の装飾は、一つ一つ意味が込められているのも特徴です。犬の模様は安産を意味しており、ザクロの実は多産を意味しています。一見するとシンプルに見える場合であっても強い願いが込められているのが、歴史と伝統を感じさせています。

 生活用品でありながら美術品としての値打があるのは、時代を超えて共通するような人間の願いが込められているからです。だからこそ時を超えても色あせない魅力を持ち続けていると考えられます。

サブコンテンツ

このページの先頭へ