中国のアンティークとして持ちたい殷代青銅器

中国のアンティークと言えば陶器が馴染み深い方も多いと思いますが、私は

歴史好きで殷時代の青銅器に興味があります。

殷時代のレプリカ青銅器がいくつかあり、一点だけ本物の殷青銅器(爵)を持っています。

もちろんそれでお酒を飲むなんてしませんが、古代中国で実在が確認される最古の王朝

殷代という時代背景は非常に魅力的です。

実際殷の青銅器は現代の技術力をもってしても再現不可能な技術力で

作られていると言われています、博物館で現物を見たら、こんな凄いものが

約3000年前の技術者が作っていたというのは驚きです。

文化やスポーツ等は時代を経る程、旧世代のサンプルや技術継承があるので

進化していくと言われますが、今の人間をもってして再現不可と言わしめるのは

素晴らしいですね。

実際、青銅器作りでそこまで精密なものを作れたのは、青銅器作りに

失敗したら殺されたという現場もあり、よく作り手が命がけで作るという

表現をしますが、本当の生死をかけてモノを作っていたというのが事実ならば驚きですね。

コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ